2017年05月07日

At Home Works


05futatsu1.jpgカフェオレ01.jpgDSC_2447.jpg


鎌倉のアトリエを拠点に活動されている「At Home Works」林 彩子さんの器は、
油絵の様な質感や銅版画の掠れを思わせる絵画的なタッチと、
どこかほっとする自然の揺らぎを受け入れた形。

お写真1枚目「お家のお皿」は、食パンがぴったり収まるサイズ感で、
ケーキを乗せてデザート皿や、夕食時の取り皿にも活躍する1枚。

2〜3枚目は「カフェオレ」。
ティータイムにコーヒーや紅茶をたっぷり楽しんだり、
スープやサラダボウルに、朝食時にはヨーグルト&フルーツ、
和食の小鉢などにも使えそうな多目的な器です。
ひとつひとつ形の違う小さなお家のポイントがついています。
そっと手を添えるのにちょうどいい。


DSC_2438.jpgdummyShop011.jpg01ouchi1.jpg


4枚目は「キャラメルチーズケーキ」。
「キャラメルチーズケーキを乗せたら素敵になるんじゃないか」と思い
作られたという板皿。 デザート皿にはもちろん、焼き菓子の横にマグを乗せて
トレー代わりに使ったり、おにぎりと玉子焼きを乗せたり、
晩酌のおつまみを2〜3品盛り合わせたり・・・こちらも使い勝手の良いアイテム。

5枚目は「木蓮のマグ」と「プレート」。
日々の風景に馴染むマグ。 持ちやすい丸い取っ手が特徴的です。
同じシリーズのプレートはソーサーとしてだけでなく、
お皿としても使える様フラットなものになっています。

最後の美味しそうなお写真、パンを乗せた「お家のお皿」のおとなりの
カトラリーが置かれている板皿「ビスケット」。
カトラリー置きだけでなく、おしぼりを乗せたり、チョコレートやクッキー、
さらに食器だけでなく、腕時計やアクセサリーなどの小物トレー、
苔玉やエアープランツなんかを乗せてインテリアに取り入れるのも素敵。

どれも主張しすぎない色合いと質感なので、どんなお料理やテーブルにも
すっと馴染んでくれる林さんの器達。
こちらはすべて「ながの東急百貨店」さんにて5月10日〜開催される
「フランス展」にてご覧いただけます。
これからもお店でお取り扱いさせていただく予定ですが、
長野でこんなにたくさんの種類が並ぶのは、滅多にない機会ですので、
是非お手に取って、質感や雰囲気などお楽しみいただければと思います。
(※ 本日のお写真はすべて At Home Works さんのHPよりお借りいたしました)



* ながの東急百貨店さんへ期間限定出店のため、準備や定休日を含め
  5月8日(月)〜5月18日(木)まで、実店舗をお休みさせていただきます。
  (5月10日(水)〜16日(火)は東急さん本館5F「フランス展」にて営業しております)




posted by Risette at 18:54| 日記