2016年09月29日

とおん舎 和紙で作るブローチ


IMG_5944.jpgIMG_5945.jpgIMG_5952.jpg


10月1日からの企画展「森の冬支度」に向けて、
各作家様から、続々と素敵な作品が届いています。
今日は愛媛在住の人気作家「とおん舎」さんの、大洲和紙で作るブローチのご紹介。

大洲和紙(おおずわし)は、質の良さから書道家からも愛用される
愛媛県の伝統工芸品です。 そんな大洲和紙を使って1点1点丁寧に作られる
とおん舎さんのブローチは、まるで童話の世界から抜け出して来た様な、
あたたかい雰囲気が漂っています。

お写真1枚目、左上から時計回りに、
ミニツリー、流れ星、くつ下(黄色、緑、ネイビーの3色)
ハミングバード、星降る夜、mの鳥。

お写真2枚目、左上から時計回りに、
ベニテングダケ、サンタさんの帽子、野うさぎ、
あんぱん、ミミズク。

今回はとおん舎さんの作品の中から、森モチーフのものを中心にお願いしました。
「サンタさんの帽子」は、本当にちっちゃくて、
こびとの帽子の様な雰囲気で、とっても可愛いですよ♪
森の動物達の表情も、どこか優しくてほのぼの。
作家さんの人柄が滲み出ている様です。

最後のお写真は、森をイメージして、
daysさんの新作「フードつきロングカーディガン」と合わせてみました。
和紙の持つ独特の奥深い色合いが、とてもやさしく目を引きます。


* 本日ご紹介した「とおん舎」さんの作品は、10月1日(土)〜16日(日)開催の
  企画展「森の冬支度」にてご覧いただけます。 在庫は種類によってたくさんご用意しているものも
  ございますが、数点しかないものも。 会期中の追加納品をお願いしていますが、
  どれくらい補充していただけるかは未定です。 会期後半には作品数が少なくなってしまう
  可能性もございますので、ご了承下さい。



posted by Risette at 18:59| 日記